Dota 2 アーリントン メジャー 4 日目 グループ B のまとめ

pgl-dota2 Dota 2 アーリントンメジャー
ツイートする
シェアする
Redditに
お使いのメールアドレス

グループ B の試合の最終日が終わり、Dota 2 アーリントン メジャーで順位が確定しました。


グループ A の 8 チームとは対照的に、グループ B は 9 チームしかなかったため、その試合は終了しました。 グループの最大の驚きは、間違いなく Tundra Esports の惨めなパフォーマンスでした. そうは言っても、私たちの同情は、XNUMX日目の終わりにテーブルのトップ近くにいたNatus Vincereに送られますが、XNUMXつの連続したシリーズを失い、早期にクラッシュしました. 

一方、ウクライナのチームの前に押し出された Beastcoast と、Evil Geniuses を上回りトップ 4 を作った BOOM Esports に支えられています。 クレジットは、XNUMX つのシリーズを失うことなくグループを突破した Team Aster にも当てはまります。 

グループ B 結果の最終日は、エンティティとチーム スピリット 2-0 EG と Na' Vi がそれぞれ見られ、ビーストコースト vs ツンドラとアスター vs BOOM は四角形で終了しました。 4日目のベストマッチを見てみよう。

ナタス・ビンセレvsチームスピリット 

グループの反対側にいる CIS のライバルがついに対決し、Na' Vi は命がけで戦い、Spirit はプレーオフに向けて良いシードを確保しようとしました。 どちらのチームも非常にアグレッシブなプレイスタイルを持っているため、これは常に激しい戦いになるでしょう。

ゲーム1 

最初のゲームでは、テンプラー アサシン、エンバー スピリット、ルービック、ドーンブレイカー、ダズルによるスプリット チームファイト スタイルに焦点を当てた Na' Vi が登場しました。 一方、スピリットは、ウォーロックとエニグマの組み合わせをスナップファイア、タイニー、ジャガーノートで補完する、よりグループ化されたアプローチに焦点を当てていました。

試合序盤は比較的静かだったが、Na' Vi は重要なピックオフですぐにリードを奪った。 38 分までに、彼らは 9 ゴールドのリードを獲得し、決定的ではありませんでしたが、ゲームを奪う可能性があるように見えました。

しかし、その後の良いチームファイトで、スピリットはすぐに戻ってきました。 その直後、Illya “Yatoro” Mulyarchuk の見事なプレーといくつかの運が相まって、敵の Ember が倒れるのを見ました。 ゴールドリードがスピリットに有利になったため、TIチャンピオンがゲームを終了するのに必要だったのは、もうXNUMXつのチームファイトだけでした。

ESTNN からの詳細
Dota 2: バトル パス 2022 - 第 4 週のウィークリー クエストを完了するためのガイド

ゲーム2

ゲーム 2 でのスピリットのラインナップは、Tiny と Morphling が大きく関与することで、より迅速に爆破することに関するものでした。 彼らはまた、これらの戦いを準備して混乱させるために、マーズ、マーシー、ルービックを持っていました. Na' Vi は引き延ばされた戦いに重点を置き、キャッチにはクロックワーク、魔法ダメージにはゼウスとスナップファイア、DPS にはレイザーとドーンブレイカーを使用しました。

このゲームは、早い段階で Na' Vi に有利に進んでいました。 TI1 で優勝したクランはスピリットに大きなプレッシャーをかけ、後者は答えることができませんでした。 彼らは全体を通して大量のキルリードを維持しましたが、スピリットはどういうわけか持ちこたえ、ゴールドリードが攻撃不能になることを許しませんでした.

しかし、Morphling が強くなりすぎると、Na' Vi にできることは見守ることだけになりました。 Yatoro はヒーローの信じられないほどのスケーラビリティであらゆるものをかみ砕き、Na' Vi はまだキル数で優位に立っていましたが、彼らはタップアウトしなければなりませんでした。

Team Aster vs BOOM Esports 

中国チームは、この対戦に向けて紛れもない本命でしたが、BOOM が戦いなしでは負けないことは誰もが知っていました。 結局、彼らは戦利品の分け前を持っていました。

ゲーム1 

BOOMは、強力なピックオフの可能性を犠牲にして、チームファイトの素晴らしいラインナップを持っていました. 彼らのラインナップには、Keeper of Light、Winter Wyvern、Snapfire、Mars、Juggernaut が含まれていました。 同様に、アスターは、フェイスレス・ボイド、デス・プロフェット、アース・スピリット、ボイド・スピリット、フェニックスとのチームファイトが多かった. 

これは、これまでのトーナメントで最もエキサイティングな一進一退のゲームの XNUMX つでした。 どちらのチームも、他のチームが無料で何かを得ることを喜んで許しませんでした。 アスターはゲーム中盤までにわずかなリードを築いていましたが、ロシャンピット内とその周辺で見事に実行された戦いにより、バランスが中立に戻りました。 

ダイア ジャングルでの別の戦いの後、BOOM の方向に進みましたが、彼らが物事を終わらせるのは時間の問題でした。 どちらの決定的な戦いでも、捕まったのは Aster の Du “Monet” Peng でした。 これは XNUMX 回目は特に悪かった。彼には Black King Bar をポップする時間が十分にあったため、彼は救われたはずだった。

ゲーム2

BOOM は再び Mars と Snapfire を採用しましたが、今回は Ember、Bloodseeker、Mirana を一緒に選びました。 アスターには、パック、アース スピリット、デス プロフェット、ウィンター ワイバーンという素晴らしいチームファイト ヒーローもいました。 

ESTNN からの詳細
バトル パス 2022 - キャバーン クロールで女性のキャリー ヒーローで勝つ方法

ゲーム 1 の場合と同様に、どちらのチームも相手を先に進めたいとは思わなかったようです。 チームは数分ごとに金のリードを交換しながら、マップ全体で大混乱の前後の戦いが行われました。 

しかし、いくつかの小さなミスプレイと BOOM によるバイバックの悪用により、ゲームは Aster の手にしっかりと委ねられました。

悪の天才 vs エンティティ

このゲームは EG のアッパー ブラケットへの切符、または少なくとも BOOM とのタイブレーカーだった可能性がありますが、Entity はこのトーナメントを通じて非常に強力に見えました。 それはワイヤーに降りるつもりでした。

ゲーム1 

Entity には、Chen、Zeus、Brewmaster、Tiny、Faceless Void をフィーチャーした強力なオールラウンド ラインナップがありました。 一方、EGは、パックとフェニックスのコンボ、DPS用のアーサ、そしてそのアーサを救うためのドーンブレイカーとタスクで、もう少しチームファイトが多かった.

早い段階で、EG はまともなリードを獲得することができましたが、Entity がグループのトップに近い理由を示すまでそう長くはかかりませんでした。 いくつかの優れたチームファイトで、彼らはゲームを支配しました。

EGはますます大きな差で戦いに負け続け、エンティティは最終的に45分でゲームを終了しました。

ゲーム2

EG のラインナップは、このゲームの紙の上でははるかに強力に見えました — ブラッドシーカー、ビーストマスター、クイーン オブ ペイン、ドーンブレイカー、スナップファイア。 一方、エンティティには、チェン、バトライダー、レイザー、ニクス アサシン、キャリー ドゥームという一見奇妙なラインナップがありました。 

そうは言っても、エンティティが比較的初期のゲームラインナップを使用して大きな効果を発揮し、EGに圧力をかけ、マップコントロールを奪うまでそう長くはかかりませんでした. すぐに、EG のコアは安心して農業を営むことができなくなり、パンくずだけで生活することを余儀なくされました。 

その圧力は実際に容赦することはなく、エンティティがアメリカ人が彼らに残した小さな命を絞り出すのにそう長くはかかりませんでした. 北アメリカの Dota のファンにとっては、グループ A チームが敗退の危機に瀕している間に、グループ B チームが下位ブラケットに終わったため、壊滅的な瞬間でした。

プレーオフが始まる前に、最後のいくつかのグループ ステージ ゲームをおさらいします。

▰もっと 土田2 ニュース

▰最新のeスポーツニュース

広告