Dota 2 アーリントン メジャー 1 日目 グループ B のまとめ

Dota 2 PGL Arlington Major 2022 のプロモーション画像
Twitterでシェア
ツイートする
Facebookで共有
シェアする
redditで共有
Redditに
電子メールで共有
お使いのメールアドレス

ローンスター州のメジャーのグループ B での Dota のエキサイティングな初日を締めくくります。


17チームが激しい乱闘の準備を整え、アーリントンメジャーのグループステージが昨日ついに始まりました. 賭け金は非常に高く、特にこれは TI に近いです。 これは、多くのチームが Dota Pro Circuit を経由して TI スロットに参加する最後のチャンスであり、別の方法として Open Qualifiers のリスクを負う必要があります。 さらに、賞金プールには数十万ドルという「わずかな」問題もあります。

初日は地域、プレイ スタイル、純粋なスキルの衝突でした。一部のチームは期待に応え、一部のチームは重量を超えてパンチし、一部のチームは横ばいになりました。 ただし、トーナメントはまだ始まったばかりで、多くの Dota が登場するので、まだチームの結果に夢中にならないでください。 グループAの試合のまとめをチェックできます 詳細を見る、またはグループ B の要約を読み続けます。

グループからはなんとXNUMX試合があったので、傑出した試合だと感じたものについてのみ話します。

ブームeスポーツvsタンドラeスポーツ

間違いなく、SEA で最高のチームであり、西ヨーロッパ DPC で競合する最強のチームの 1 つです。 この試合は、その日最も待ち望まれていた試合の 1 つであり、チームがシリーズを 1 対 XNUMX で分け合い、大挙して行われました。 実際、これは初日にグループ B で唯一引き分けられたシリーズでした。 

ゲーム1

BOOM は、マーズ、インヴォーカー、モンキー キング、DPS のジャガーノート、サポートのダズルをフィーチャーした非常に強力なチームファイト ベースのドラフトを持っていました。 一方、Tundra は、Tiny と Puck が重要な役割を果たしている素早いピックオフと、キャリー ウィーバー、タンキー バイパー、チーム全体をサポートする Alchemist を含むカイトの戦いに基づいて戦略を立てました。

しかしすぐに、BOOM に何か問題があることは明らかでした。 ゲーム序盤の強力なヒーローたちにもかかわらず、彼らは悪い戦いを続け、レーニング ステージを失いました。 その後、SEAチームはギャップを埋めるためにいくつかの良い戦いをしましたが、BKBがTundraに参加し始めると、それらの戦いはますます均等ではなくなりました.

Alchemist のラインナップとは逆行することが多いため、ゲーム序盤のリードは強力な中盤へと膨らみ、すぐに Tundra は数千ゴールドをリードしました。 最終的に、彼らはスキーターによるウィーバーでのいくつかの優れたプレーのおかげでゲームを終了しました.

ゲーム2

4 番目の試合では、BOOM はチームファイトのラインナップにあまり焦点を当てず、Death Prophet と Chaos Knight の形のタンキー コアを使用したより速いプッシュと、長距離キャッチ用のミッド Ember を優先しました。 彼らはまた、型破りなポジション XNUMX の Sven を擁し、ハード サポートの Dazzle がラインナップを結び付けました。 一方、ツンドラは、アルケミストとウィーバーの前のゲームからXNUMX人のヒーローを選び、ドゥーム、パンゴリエ、ルービックを乗せました。 どちらのラインナップも効果範囲にあまり焦点を当てておらず、代わりにピックオフとばらばらの戦いに行くことにしました。

ESTNN からの詳細
バトル パス 2022 - 第 4 週の最も難しいウィークリー クエスト

BOOM は序盤のゲームで素晴らしいスタートを切り、定期的にピックオフを獲得し、Tundra のゴールド アドバンテージを制限しました。 しかし、ツンドラはすぐに追いつき、ゲームの中盤まで物事は順調に進みました。 

非常に重要なチームファイトはBOOMのやり方で進み、イージスで武装して、XNUMXセットの兵舎を取り、その後、シリーズを平準化するために簡単にゲームを終了することができました.

チーム アスター vs チーム エンティティ

彼らは長い間、地域のライバルである PSG.LGD の影に隠れていましたが、Team Aster は、数人の元 Invictus Gaming および Vici Gaming プレーヤーをフィーチャーした、野心的なスターがちりばめられたチームです。 XNUMX つのチームはこれまで対戦したことがなく、どちらのチームも地元の DPC の試合で有望性を示しており、まさに誰にでもできるゲームでした。 

ゲーム1

エンティティのヒーローはより集団戦志向であり、エニグマ、デス プロフェット、タイニー、パック、チェンは、ゲーム序盤のデプッシュの邪魔にならないラインナップに対して強力なプッシュ機能を提供しました。 彼らのラインナップの奇妙な点は、彼らが Pos 1 DP とオフレーンの Enigma で遊んでいたことです。 一方、アスターはミッドパッジ、サポートモンキーキング-ウィンターワイバーンコンボ、DPSを提供するカオスナイトとドーンブレイカーを備えていました.

アスターは、エンティティの初期の攻撃を自分自身のいくつかで見事に撃退し、無効化を利用してギャンクしました. ヨーロッパ側はゲーム序盤のほとんどでわずかなゴールドリードを維持しましたが、アスターは20分頃にそれを奪い、それを築き続けました. それにもかかわらず、ゲームは長い間ナイフの端にありました。

多くのやり取りがあったにもかかわらず、試合の決定的な瞬間は、チームメイトの XNUMX 人がリスポーンするほんの数秒前に、エンティティのパックがボトムラックスを防御しながら不可解にも戦いを開始したときでした。 これにより、エンティティのほとんどのヒーローで偏った戦いとダイバックが発生し、GGがほぼすぐに出てきました. 

ゲーム2

アスターのエニグマとワイバーンは、エンティティのヒーローが遠く離れていなければならないことを意味していました. ラインナップに Nyx と Templar Assassin がいるということは、ターゲットを簡単に吹き飛ばすことができることを意味し、オフレーンの Lycan が追加のプッシュの可能性をもたらします。 エンティティのナイト ストーカーとタイニーは、ミッド ゼウスと組み合わせて手ごわいギャンク能力を備えたタンキーなコンビネーションを形成し、ヴェノマンサーとウォーロックのチームファイト デュオは、大量の HP をかみ砕く力を持っていました。

均等なスタートの後、アスターはすぐに負けることのないゴールドリードを獲得しました。 ヒーローのキルに関してはトレードさえありましたが、中国チームのラインナップはファーミングではるかに速く、ゴールドリードは上昇し続けました.

ゲームに負けたエンティティ側の着実な衰退であったため、クライマックスの瞬間ではありませんでした。 Aster は、ヨーロッパ人が XNUMX セットの Raxes をそのまま残して降伏し、彼らをほぼ打ち負かして服従させました。

ESTNN からの詳細
Dota 2: パッチ 7.32b の忘れられた英雄

Evil Geniuses vs BOOM Esports

苦戦を強いられた北米チームは、前回のメジャーでひどい結果を残した後、多くのことを証明しなければなりませんでした。 一連の名簿の変更と悪い結果により、チームは疲れ果てており、再構築へのすべての努力は失敗しているようです. EG は最初のシリーズを完全に失い、成功を切望していました。 一方、BOOM はかなり安定していますが、まだトップレベルのパフォーマンスではありません。 エンティティとの引き分けは、改善の余地が十分にあることを意味していました。

ゲーム1

キーパー オブ ザ ライト、ルービック、エンバー スピリット、ドーンブレイカー、カオス ナイトが混じり合った状態で、BOOM は間違いなく素早いギャンクとピックオフ プレイのビジネスに従事していました。 一方、EGは、パック、アースシェイカー、ウィンターワイバーンのトリオで、キャッチまたはアイソレーション用のバトライダーとハードキャリーアルケミストを挟んで、はるかにチームファイトに基づいていました。

比較的平穏な最初の 10 分間は、EG がほとんど運転席に座っていました。 しかし、BOOM による見事なギャンクと EG による不適切な判断により、SEA 側がリードを築き上げました。これは、Shannon “SUNSfan” Scotten がそこから「Gaben レベルの砲撃」と呼ぶものの例に過ぎませんでした。

キル差は7分にEGに有利な3-10だったが、31分に試合が終了するとスコアは30-8でBOOMに。 それだけです。 

ゲーム2

最初の試合でのスラッシングに苦しんでいた EG は、Tiny、Night Stalker、Nature's Prophet、Zeus をフィーチャーし、Winter Wyvern をサポートするよりギャンクベースのラインナップを選びました。 一方、BOOM は再び、よりまとまりのないカイティング ベースのアプローチを採用しました。 チームファイトにはマルシ、クンカ、デス プロフェット、集中力の高い DPS にはテンプラー アサシン、EG の強力なチームファイト スペルを使用するルービックが含まれます。 

初戦とは違い、先制したのはBOOM、逆転したのはEG。 しばらくの間、EG が対戦相手を圧倒するように見えましたが、小さなリードと連続したチームファイトが進行していました。 

アメリカ側にとって悲しいことに、クライマックスのチームファイトが続いた。 EG はただ負けただけではありませんでしたが、Artour “Arteezy” Babaev はテレポートするまで買い戻し、数秒以内に死にました — 真の Arteezy 流です。 これにより EG は勝てなくなりましたが、BOOM は 2 日目の試合に向けて非常に力強く見えます。

数時間以内に、チームは再びそれに戻ります。 今後 9 日間で多くの試合が行われるため、間違いなく大量の Dota について読むことになるでしょう。

Dota2に賭ける

Dota 2 マッチベッティング 基本と賭けサイトガイド

▰もっと 土田2, eスポーツトーナメント ニュース

▰最新のeスポーツニュース

Dota2に賭ける

Dota 2 マッチベッティング 基本と賭けサイトガイド

広告